職場環境の話 オフィス内観をちょっと紹介する


どんな職場で働くかは、パフォーマンスやモチベーションに多少は影響があるように感じます。

例えば、こんな参考記事があります。
[注]以下を弊社のワークスペース整備の方針としてはいるわけではなく、また賛意を示すものでもなく、
「職場環境と、ビジネスパフォーマンスの関係」を取り上げた報道の一例として紹介します。

 

▼間仕切りがないオフィスは生産性が低下?
https://news.livedoor.com/article/detail/15032584/

-引用────────

英王立協会が発行する学術論文誌『Philosophical Transactions of the Royal Society B』に発表された研究で、
物理的な障壁をなくすとコミュニケーションや集合知が生まれにくくなることが示されたという。

「フォーチュン500」に名を連ねる国際企業2社で、
オフィスを従来型のレイアウトからオープンプランに変更したところ、
従業員同士の直接のやりとりは時間換算で70パーセント減った一方で、
電子メールの量は22~56パーセント増加した

───────────

 

▼企業イメージで、人材獲得力が決まる
https://president.jp/articles/-/24017?page=3

-引用────────

一方、企業規模が小さく、社歴が浅くても、人材が集まる会社がある。その特長は、

・社員がカジュアルウエアで働いている
・オフィスは知的労働生産性を高めるように配慮され、快適なインテリアになっている
・自由な社風であることがオフィス空間から伝わってくる
・制服のある企業では、デザイン化され独自のユニフォームを採用している
・トイレや社員食堂が快適で、独自の工夫がある

───────────

 

他にも、
トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメントなど、
“社員の生産性を上げるワークスペース”を従業員に提供しようと取組む会社や、

オフィスの机・配置など変えることで、生産性がどう変わるかを定量的に測り、
オフィス環境提案&移転支援を行う会社があったりもするそうです。

 

さて、弊社の場合は、
正直そこまで「生産性」を考慮して計算づくでやっているわけではもちろん無いのですが、
弊社の雰囲気や風土(?)が、
ワークスペースの中にもなんとなく反映されているように思いますので、その点を少しご紹介します。


1.
パーテーションは、開放的すぎたり閉鎖的すぎたりしないものを選びました。

→弊社のスタッフは、明言はしないものの、
「同僚に質問」も、「作業に集中」も、どちらもほどよくしやすい環境を各人が作っているように思います。

その良さを邪魔しないような、互いの在席状況や立て込み具合が少しだけ見えるけれど、
パーソナルスペースがきちんと確保できる間仕切りを選びました。

パーテーションが無いか、あるいは低すぎる場合、集中力の低下リスクが出てきますが、
かといって、がっつり閉鎖的な環境では、
本当にちょっとした対話から生まれるクリエイティビティや”仕事の突破口”、
日々の確認作業を含めた各種情報の共有しやすさ、仕事の見える化も保持しづらいのではと思っています。

 

 

 

 

 


2.
オーソドックスな事務机やキャビネット類だけでなく、家庭用/店舗什器/工業現場用品など、様々なものを使っています

→「みんな雰囲気が同じで、同じことが同じようにできる」のでなく、
それぞれ異なる個性・キャラクター・得意分野を持つスタッフ陣が、各自の持ち味を活かしてチームで働いている会社なので、
色んなものを組み合わせてあるオフィスの方が、『弊社っぽい』かなぁと思います。

 

 

 

 


3.
机は、あえてバラバラのものを

→「このオフィスでは、まったく同じ型番の机を揃えよう!」と仮に思っても、廃盤になってしまって
一部だけ異なるものにせざるを得なくなったりします。
何より、同じものだけだと、なんだかちょっとつまらない気が。

弊社のお仕事は、「同じことを繰り返すルーティンワーク」はほとんどなく、

その案件ならではの工夫を施し、予期せぬことが起きたら対策を講じていくという、
一期一会のプロジェクト案件がすべてといっても過言ではありません。

臨機応変に、そのとき手に入るもので、良いものを作り上げる仕事」なので、
その時に見つけた素敵な机を並べています。※

その場で手に入るものを、どう使いまわして何が作れるか試行錯誤しながら、最終的に新しい物を作り、
新しいパフォーマンスを達成することを、『ブリコラージュ』というそうです。
それは、私たちが企画やアイディアを作る時に重要視していることに通じます。

※ただし、作業環境はきちんと担保するために、使いやすい大きさ・形のものを選ぶようにしています。
(1cm程度の誤差はありますが、)サイズはW1100mm×D500mm×H720mm程度で、荷物を入れるための袖机等が付いているものを購入しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、こんな感じのオフィスで働いています。

弊社とお仕事ご一緒させていただいているみなさま、オススメの家具屋さんがあれば是非教えてください。


パブログTOPへ 全体のTOPへ