映画ミッドサマーは宣伝も面白い

こんにちは!山内です。 自分も五十嵐同様、映画が好き&前職が映画宣伝会社ということもあり、映画宣伝についてのブログを書こうと思います。 今回は自分が先日見てドはまりしたホラー『ミッドサマー』について、「上手いな~」と感じた宣伝方法を紹介します。 ・『ミッドサマー』とは? 2018年に公開され、高い評価を集めたホラー映画『へレディタリー/継承』のアリ・アスター最新作。 スウェーデンのある村で、日が沈まない”夏至=ミッドサマー”に行われる祭りに招かれたアメリカ人男女が経験する恐怖を描いた作品です。 公開日の2月21日(金)から2月24日(月)までの4日間で動員7万7,125人、興行収入1億1545万400円(全国106スクリーン)を記録していて、同日公開の大作『チャーリーズ・エンジェル』(全国306スクリーン)や、本年度ア...
Read More

センスある言葉使いはパクる

こんにちは、パブリックグッドの高橋です。 仕事柄打ち合わせとか社内Mtgとか多いのですが、クライアントはもちろん、メディアの人、社内の人と話していると、その言い回し上手いなとかこの言葉の使い方はセンスあるなって思う事があります。 自分もセンスある言葉を操りたい!って人はまずはセンスある言葉を“パクる”のが良いと思います。 そこで紹介させて頂くのは「ビジネスシーンで使える漫画のセリフ」です。     ■会社に遅刻した際のセリフ 上司:おい、なんで遅刻したんだ? ぼく:“不運”(ハードラック)と“踊”(ダンス)っちまいまして… 「“不運”(ハードラック)と“踊”(ダンス)っちまったんだよ」 (特攻の拓)   ※遅刻する際は事前にどれぐらい遅刻しそうかき...
Read More

パラサイト!

こんにちは! パブリックグッドの映画担当のIGAです。 I♡PR! I♡映画! 弊社には、映画好きが複数いるのですが、 こと韓国映画に関しては、IGAが一番愛があると自負しております。 ちなみに、韓国映画マイベストはマフィアものの「新しき世界」です。   韓国映画「パラサイト」が非英語映画として初めてアカデミー賞の作品賞を受賞したことが大きな話題になりました。 先行上映を観に行った山内に激推しされて、IGAも観に行ったのですが、すごかったです!!!ソン・ガンボの顔面力よ!     ネタバレ厳禁なので、感想がかなり簡単になってしまうのですが、今回はPR目線でアカデミー賞を見てみたいと思います。 アカデミー作品賞最有力候補と言われていたのは、パラサイトではなく戦争映画の「1...
Read More

名刺の裏のひみつ

こんにちは、パブリックグッド中尾です! 突然ですがみなさん、弊社のスタッフの名刺の裏に隠された秘密をご存知でしょうか。 え、ご存知ない?? それでは、このブログを読まれた方は、弊社の社員と名刺交換をした際に、ぜひ「裏面」をご覧ください!   実は、裏面には、「各々の好きなもの」が描かれているのです。 (弊社ブログの4コマ漫画でおなじみクロバのイラストです!!) 人によって本当にバラバラで、趣味とか好きなスポーツとか色々で、結構面白いんですよ。   そこから、初めての方とも会話を膨らませられればいいのに!という希望のもと作られている(はず)なのですが、 私は一度も名刺の裏から会話を膨らませられたことがありません。 せっかく相手がボールを投げてくれても、なんだか好きなものを語るのが照れ臭くて、...
Read More

NIKE「”人類初”のフルマラソン2時間切りプロジェクト」-いいなぁ、と思うPR事例

■プロジェクト概要: 石油化学企業イネオスが冠スポンサーとなって開催された「INEOS 1:59 Challenge」。 日本の村山紘太選手を含む、NIKE契約のトップランナー41人がペースメーカーとなるなど、様々なサポートを受けながら、エリウド・キプチョゲ選手が、1時間59分40秒(非公認)のフルマラソン記録を達成した。 キプチョゲがマラソン2時間切り 非公認も「サブ2」達成で祝福殺到「生きる伝説」マラソンの世界記録保持者、エリウド・キプチョゲ(ケニア)が前人未到の2時間切りを達成した。12日にオーストリア・ウィーンで行われた「マラソン2時間切り(サブ2)」に挑む同選手のイベントで、1時間59分40秒(速報値)をマーク。国際陸連の非公認レースのため、世界記録には認定されないが、ついに人類が2時間の壁を破った。キプチョゲが自身ツイッターにゴ...
Read More

クロバマンガ:6周年記念

当社のアシスタントで漫画家・イラストレーターのクロバさんが不定期でお届けする漫画です。 確かに社食は欲しい。
Read More

「特技はウグイス嬢」が紆余曲折経て、PRをやっている話

ブログをご覧の皆様、初めまして。 パブリックグッドの大村です。 8月末で、私がパブリックグッドに入社して丸半年が経ちました。 社会人○年目にして、生まれ育った九州から上京を決めたのは約1年前。 振り返り兼ねて「なぜPRという仕事とパブリックグッドを選んだか」について書きたいと思います。 理由は2つです。 ・「伝える」ことに貪欲に取り組む仕事をしたかった ・「公共」に少しでも携われる仕事をしたかった 簡単に私の職歴をご紹介すると、 ・人材紹介会社で転職エージェント ・選挙事務所で政治家秘書という経験を積んできました。 特技はウグイス嬢です。大好きです。あんなに楽しいものはないです。 人材、政治、PR。3つの分かりやすい共通点は「無形商材」ですが、 「伝える」ことがとても重要な業界だと思っています...
Read More