ド素人の美術鑑賞


皆さん

 

こんにちは!
パブリックグッドの渡邊です。

 

5回目のブログとなるのですが、今回のテーマは「美術」

なぜこのテーマを選んだのかというと、
昨年プライベートで、国立西洋美術館に行くことがありまして、
そこで人生で初めて、しっかり美術品(主に絵画)に触れました。

 

行ってみた素直な感想をいうと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっぱりわからん!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に絵画を見ても「この作品は、どのくらいの価値(値段)があるのだろう?」とか
「この絵がトイレにあったら怖いな~」といった小学生のような感想しか出てきませんでした、、、
案の定、入館して30分程度で、すぐに帰宅しました。

 

恥ずかしながら今までの人生、スポーツばかりしていた人間なもので、
美術品に触れることがほとんどなく、そういった感性がまったく養われないまま、
大人になっていました。。。

 

いつもの私ならここで「あ~私には合わないジャンルだな~」と考えて離れてしまうのですが、
この時はなぜか「もっと絵画を楽しめる方法はなのかな?」と思いました。

その日から、美術品の鑑賞方法が書かれている本を読み始めたのですが、
色々読んでいくうちに、美術品にはある程度の鑑賞方法があることが分かったのです!

 

今回は、私のようなド素人でもすぐ実践して効果がある!と思った鑑賞方法を2つほど紹介したいと思います!
(あくまでも個人的な鑑賞方法ですので、美術に詳しい方は暖かい目で見ていただけますと幸いです)

 

①鑑賞している作品が制作された時代やそのタイミングで起こっていた事柄を調べる(超基本)
これは超基本的なことですが、その作品が制作された時代に、どのような出来事があったのかを把握することで、作者がどのような思いで描いたのかなどを想像しながら観ることができます。

例えば、ピカソの世界でもっとも有名な壁画「ゲルニカ」
この作品は1937年に描かれてた作品ですが、この作品の時代背景としては、
1937年、スペインのバスク地方の村ゲルニカで、ナチスドイツ軍が無差別爆撃したという事件が基となっています。
この作品は、テレビで見たことあったのですが、その時の感想は「ピカソって絵描くの下手だな」でした。しかし、この絵が描かれた背景を知ったことで、「ピカソはどのような思いで描いたのだろう」という感情が沸いてきて、「悲しかったのかな」とか「怒っていたのかな」など今までの感想とは別物に変わりました。
ですので、少し面倒くさいと思われるかもしれませんが、やってみてください!

 

 

 

②絵画などであれば、自分がその作品の中に入り込んでみる
これをやると、今まで平面だった絵画が立体的に観えてきます!

例えば、今あなたの目の前にカフェの絵画があったとします。
②を実践していない場合は「カフェの絵だ」と思うだけだと思います。
(少なくとも私からは、その感想しか出てきません笑)
しかし②を実践してみると、そのカフェで聞こえる会話コーヒーの香り自分が座っている椅子の質感など五感で楽しむことができるのです!
この方法は何もいらないし、誰でも簡単にできるのでオススメです!

 

これで以上です!となると個人のブログになってしまうので、
美術鑑賞で身につくとされているビジネススキルもご紹介して終わろうと思います!

 

●観察力
美術品を鑑賞するためには、作品を観察することが不可欠。
一つの作品を色々な方向から観察し、その作品の情報を集めなければいけないので、
自然と観察力が養われるとのこと。
ビジネスシーンで観察力が高ければ、物事の状況を、客観的に注意深く見ることができるので、問題解決のスピードが格段にあがります。

 

●想像力
美術品の制作された背景を考えながら鑑賞することで、想像力が鍛えられます。
想像力は、ビジネスシーンで非常に役に立スキルです。
例えば、クライアントがどのようなことを求めているのかを想像することで、先回りして動くことができたり、今後起こり得るトラブルを想像できるため、対処法を事前に準備できます。

 

これは私の勝手なイメージですが、
世の中の「経営者」といわれる人たちは、美術品が好きな方が多いような気がします。
美術鑑賞の頻度とビジネススキルの高さは何か関係があるのでしょうか?(ちなみに弊社の会議室にも代表の趣味で絵が飾っています)

 

皆さんこのメリットだらけの美術鑑賞、一回だまされたと思って実践してみてください!
個人的には、コロナが落ち着いたら国立西洋美術館にリベンジしに行こうと思ってます!

 

●最後に
色々いっておいてなんですが、
美術鑑賞は、100人いたら100人違う解釈があったり、感想を持っていい自由なものです!
今回紹介した方法は、あくまで私の楽しみ方ですので、これは違う!何言ってんだお前は!などのコメントは受け付けてません!!!笑

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

パブリックグッド 渡邊


パブログTOPへ 全体のTOPへ