日頃の感謝を込めて


2回目のブログ更新となりますパブリックグッドの渡邊です。

今回は、自分が1からすべて担当した業務についてお話させていただきます。

僕がパブリックグッドに入社して1からすべてを担当した業務、それは、、、、

 

【ノベルティ制作】

 

毎年パブリックグッドでは、オリジナルノベルティを制作して関係各所にお配りさせていただいており、
過去には、オリジナル付箋やオリジナルペットボトルなどユニークなものを作ってきたそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、このノベルティ制作を一任されたので、作った過程を紹介していきます。

①何を作るのかを考える。
WEBサイトを見ながら、どんなノベルティだと面白いか自分なりに考え、複数の案を出しました。
選んだ基準
・過去のノベルティと同じものではない
・自分がもらって「いらね」と思わないモノ
・意外性
上記の3点を意識して、案を考えました

②社内提案
①で出した案を、社内プレゼン。
どのノベルティ商品が良いかを他の社員に聞き、制作ノベルティを決定。

③商品のデザイン案を作成
決定した商品のデザインを弊社のデザイナー経験がある中尾と、マンガを書くことが得意な黒羽と相談してデザインを決定。

④デザイン入稿
作成したデザインを制作企業に入稿

⑤納品

 

そして完成したノベルティがこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も【PUBLUC GOOD 6年のあゆみトイレットペーパー】

包装紙には、社員の顔のイラストを、
本体には、社員一人一人に取材をして、パブリックグッドに入社してからの出来事を
パブリックグッドの沿革として入れて、ご使用いただく方がクスッと笑っていただけるようにと願いを込めて作りました。

 

もうすでに弊社からお渡しさせていただいた方々は、
中身をみて、クスッと笑っていただき、一瞬でも幸せな気持ちになっていただければ幸いです!

 

今回、1からノベルティを制作してみて、
自分の作ったものを人に喜んでもらえたり、面白いと言ってもらえる喜びを味わうことが出来ました。
今まで自分で何かを作り、人にあげるといった機会がほとんどなかったので、
すごく新鮮で、モノを作る喜びってこういうことなのかなと少し理解できた気がします。

これからPRマンとして、キャリアを積み上げていく中で
この気持ちは忘れないように成長していきたいと強く思いました。

 

関係各所の皆さま、7期目を迎えるパブリックグッドを、今後とも宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸
ノベルティを多く発注しすぎたので、もうもらったけど追加で欲しいという方は、弊社の担当の人間にお伝えください!
すぐにお持ちいたしますので、お気軽にお伝えください!


パブログTOPへ 全体のTOPへ